ブータン旅行・観光ならGNHトラベルアンドサービスにおまかせ!2000年頃までは海外旅行へ行く言えば、周りから「凄いねぇ」「お金持ってるね」と言われるようなイベント事でしたよね。ところが最近では国内旅行をするような感覚や値段で、世界各国へ旅行に行くことができます。学校の修学旅行で中国やアメリカへ行く学校もあるそうなので、社会人以上だけでなく学生の間でも国外は身近な場所となったと言えます。

しかし海外へ気軽に行けるようになったからこその悩みもあると思うのです。例えばアメリカやイギリス、中国などは、あまりにも多くの日本人が休みを利用して行けてしまうため、今更、海外ツアーに申し込んでまで行く場所ではなくなりましたよね?つまり行きたいと思うような場所が、どんどん減ってしまっているのです。

わざわざ休みを利用して海外観光をするなら、あまり人の行かない場所に行きたいと思いませんか?個人的には「ブータン旅行」がオススメだったりするんですよね。最後の秘境とも言われる仏教の国で、そこでは幻想的な自然や山脈、仏像などに触れることができます。

ブータンはインドと中国の間にある国で、親日国としても有名です。海外へ行くなら親日国の方が何かと便利ですからね。もしもブータン旅行に興味があれば、GNHというトラベル会社が提供しているツアープランに申し込んでみてはどうでしょうか?

★現地体験やトレッキングが楽しめる!★
・・・ブータン旅行・観光ならGNHトラベルアンドサービスにおまかせ!

GNHでは観光やハイキング、現地(農村)体験、トレッキングなど都合に合わせたプランが豊富に用意されています。人との繋がりを体感したい場合や、聖山を歩きたい人にはピッタリのコースがありますよ!

指輪はリング、つまり「輪っか」になっています。
そう、円型です。

仏教的にいえば円は、円融円満、無始無終。
それは、終わりも始まりもない、永遠の原型といえるでしょう。

婚約指輪は古代ローマ時代に、その原点があるといわれています。
男性から女性へ、永遠の誓い表すに相応しい意味があります。
つまり、女性への永遠に変わらない誓いの証が婚約指輪や結婚指輪になっており、とぎれることのない愛情を意味してきました。

と同時に、完全なる形として、魔除けの役割も意味してきました。

リングに、ダイヤ、ルビー、エメラルドなどの誕生石を埋め込むのは、魔除けとして効果と同時に、幸運を運んでくるというヨーロッパの伝説に基づきます。

日本では一般的に、婚約指輪にはダイヤモンドをはめ込んだリングを贈るケースが多く、ダイヤモンドの根強さを物語っています。

なぜ、ダイヤモンドなのかというと、ダイヤモンドの硬さ、さらに澄み切った透明度が、絆の強さを意味していると考えられているようです。

少なくても現在の日本では、婚約指輪と結婚指輪はそれぞれ別ですが、文献によるとそうではなく、そもそも、このふたつは同じものだったようです。

英国王朝16世紀エリザベス1世の結婚式では、右手にはめていた婚約指輪を、結婚式当日には、左手にはめ直して結婚指輪にしたそうです。

婚約指輪は、結婚指輪・婚約指輪のオーダーメイドショップ QDMがいいですね。